【LAM】話題の人気イラストレーターLAMの経歴やイラストの特徴について徹底解説!

【LAM】話題の人気イラストレーターLAMの経歴やイラストの特徴について徹底解説!

こんにちは、Ryoです。

今回はイラストレーターのLAMさんの経歴やイラストの特徴などについて解説していこうと思います。

2020年代の流行を作り上げているイラストレーターとしてさいとうなお氏に取り上げられました。次世代で活躍される

イラストレーターとしてどのような経歴で今の作風に辿り着いたのかなども深堀りしていきます!

LAMについて

プロフィール

生年月日xxxx年11月22日(推定20代後半〜30代前半)
出身地福岡県
性別男性
出身校多摩美術大学
職業イラストレーター

出身は福岡県で年齢については不明ということですが、

大学を卒業してから会社勤めをして、フリーランスのイラストレーターになったので20代後半から30代前半だと推定できます。

また、「KAI-YOU」のインタビューで藤ちょこさんと大学の同級生と話していました

多摩美術大学を卒業しており、著名な方だとさいとうなおきさんや

松任谷由実さんなどを輩出しております。

ここまでLAMさんのプロフィールについて語ってきました。

次にLAMさんの経歴についてお話しします。

LAMの経歴について

大学時代

大学時代は結構ガチ目の体育系の部活動に専念しており、教授から評判が悪くなるほど

部活動にのめりこんでいたそうです。また、芸術祭の実行委員長とかもやっており、

絵を描く技術よりは企画運営やコミュニケーション能力がそこで培われたと話しています。

このことからかなりエネルギッシュな方だとわかります

社会人時代

多摩美術大学を卒業した後、ゲーム会社・アトラスに入社しました。

入社時はUIデザイナーとして入り、数年UIに携わりその後アート班に加わっています。

働きながら創作の同人誌活動をしていたと話していて、最初に参加したコミティアで

今まで描いたイラストをまとめた冊子を持ち込んでいきましたがその当時は全く売れなくて

在庫を抱えて帰ったと述べています。

会社員をやりつつpixivやtwitterにイラストをあげていましたが、3年目あたりで

イラストレーターさんと食事に行く機会があり、そこで裕さん、POKImariさん、ニリツさん、望月けいさんといった何万人もフォロワーがいる方々とお話し時から

同じ目線で話しができるようになりたいと思ったと話していました。

関連する記事は下記へ↓

フリーランス時代

2018年からフリーランスとして活動を始めました

2019年には「HAL」のアートワークや2020年にzoneのキービジュアルの作成など

幅広く現在も活躍しており、自身の念願だった個展も開いています。

個展に関しては雷雷公社(※LAMさんとデザイナーのカトウさんが主宰するデザインチーム)のスタッフと共に一年間かけて準備したと話していて、LAMさんらしい作品がずらりと並んでいました。

ここまでLAMさんの経歴について話してきました。

次にイラストの特徴について見ていきましょう!

LAMのイラストの特徴について

LAMさんのイラストの特徴としては力強く、印象に残る目とビビットカラーを使用した個性的な色使いです。

目に関しては本人もイラストを描く際に一番意識している部分であり、

一番好きな部分だと言及しています。

色に関しては、初めの頃は基本に忠実な描き方をしており、描き方のフローも線画レイヤーや塗りレイヤーなど分けて修正を行っていました。

しかし、ある日丁寧に描いているのがしっくり来なく、細かいことを意識しないで

落書きみたいに描いたり、好きな色を置いて作成したイラストを上げたところ

大きな反響があり、その時から価値観が変わったと言及しています。

イラストを描く上で意識していること

次にイラストで意識している点についてお話ししていきます。

意識していることはサムネイルでどれだけアイキャッチできるかという点です。

今の時代は素敵なイラストが溢れており、その中から自分を見つけてもらうことが

大切です。SNS、特にTwitterのタイムラインだとフリックひとつで絵が流れてしまうので

常に絵の全体像の表示させながら描いているとおっしゃっています。

また、サムネイルサイズの印象を確認するために「サムネイルでの印象」

「大きく表示した時の絵としての印象」「拡大して細部まで見てたのしめるか」の

3段階を意識しながら描いているとインタビューで言及しています。

影響を受けたクリエイターさんは?

高橋瑠美子先生に大きく影響されたとLAMさんは「KAI YOU」のインタビューで言及しています。

LAMさんご自身が化粧しているイラストが好きで、

イラストの女の子はリアルには寄せない記号的な美徳があると話しています。

「うる星やつら」のラムちゃんや「らんま1/2」のシャンプーなどアイシャドウの

女の子を模写していたそうです。 

イラストを描く道具や環境について

LAMのイラスト環境
出典:Drawing with wacom

次にLAMさんの使用している道具や環境について深ぼっていきましょう。

環境としてはデュアルディスプレイとCintiq 13HDを使用しており、基本的に資料を見ながら描いているそうです。

PCについてはLAMさんはあまり詳しくないそうで、後輩に頼んで買ってきてもらった

DELLのデスクトップPCを5〜6年使用しており、ソフトはCLIP STUDIO PAINT EX を使用しています。

下記はLAMさんのとあるタイムスケジュールです。

出典:イラストレーターのウラバナ!

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はLAMさんの経歴やイラスト道具など幅広く解説しました。

個人的に好きなイラストを描いている方なので今後も活躍していくのが楽しみです。